蕾の綻びから散るまで見ると、人が生まれてから死ぬまでを見ているような気分になり、切なく思われる。