去年今年(こぞことし)

貫く棒のごときもの(虚子)

虚子の詩はこんなひねくれたものより、

浴衣着て少女の乳房高からず(虚子)

といったストレートな情感を詠ったやつが好きだ。

夏が遠い。