読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象を絶滅させない方法

ケニア、タンザニアウガンダでは象を殺すことを禁じた。
これは密猟者を増やすだけであり、象の個体数は減少した。

ボツワナ、マラウェ、ナミビア、ジンバブエは地主に象の所有権を与え、自分の所有物の象を殺してよいとした。結果、地主は象を保護管理し、象の個体数は増加した。

後者は牛が象と同様に商業価値があるのに関わらず、絶滅しないのと同じである。