読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人狼とは

概要:

プレイヤーはそれぞれが人間と人間に化けた人狼となり、
自分自身の正体がばれないように他のプレイヤーと交渉して正体を探る。
ゲームは昼ターンと夜ターンで構成される。昼には全プレイヤーの投票により決まった人狼容疑者の処刑が、
夜には人狼による人間の捕食が行われる。全ての人狼を処刑することが出来れば村人チームの勝ち、
人狼と同じ数まで人間を減らすことが出来れば人狼チームの勝ちとなる。狂人は村人の数にカウントする。
プレイヤーは自チームが勝てば勝ち(プレイヤー本人の生き死には関係ない。)

役職の種類:

GM(ゲームマスター)(一人):ゲームの司会進行をする。ゲームには参加しない。

人狼チーム
人狼(一人あるいは二人):
夜のターンに村人を一人捕食する。人狼が二人いるときでも食われるのは一人。他の能力者を騙ることが多い。
捕食に指定した人が狩人に守られている場合、捕食は失敗する。
人狼同士は人狼と分かるが、狂人が誰かはわからない。
人狼人狼を食えない。

狂人(一人):
人間だが人狼チームに属する。他の能力者を騙(かた)ることが極めて多い(むしろ騙らないと人狼サイドに不利)。
自分の数も村人の数にカウントされるので、後半は積極的に吊られてください。
誰が人狼かはわからない。

人間チーム:
占い師(一人):
夜のターンに一人指定し、その人が人間か人狼か知ることができる。(GMが教えてくれる。)
狂人も人間として判定される。殺される前に自分が占い師と名乗りをあげ、みんなに占いの結果を教えてあげよう。
大抵の場合、偽占い師が出現する。いつ名乗りをあげるべきかは考えよう。

霊媒師(一人):
夜のターンに、直前に処刑された人が人間か人狼か知ることができる。
占い師の占いの真偽を確かめれる。偽霊媒師もよく出現する。偽霊媒師は偽占い師を援護しよう。

狩人(一人):
夜のターンに一人を指定し、指定した人が人狼に食われるのを防ぐことができる。
自分は守れないので決してカミングアウトしてはいけない。

共有者(二人か0人):
ゲームスタート以前にお互いが共謀者と分かることができる。
一ターン目の昼に一人が共有者とカミングアウトするのが定石。騙ることが難しいので、確実に人間と分かるから。
議論の中心になれる。まれに占い師騙りをすることもある。

村人:
能力のない人。議論に参加する。

ゲームの流れ:
零日目の夜:配役の人数を決定する。カードを配る。全員目を閉じさせ、GMが役職ごとに起こしていき、狼同士、共有者同士が役を確認する。
一日目の昼:顔合わせ。作戦などをたてる。三分。投票は行わない。
一日目の夜:全員目を閉じ臥せる。GMは役職ごとに起こしていく。人狼は誰かを食うかを指差しでGMに告げる。占い師は誰を占うかを指差しでGMに告げる。狩人は誰を守るかを指差しで告げる。占いの結果はGMが指で伝える。goodの形の指が人狼、badの指が人間。
二日目以降の昼:GMはだれが食われたかを告げる。みんなは誰を処刑するかを議論する。三分間。
二日目以降の夕:会話禁止。処刑の投票を行う。一斉に指差し投票。拮抗した場合は、決選投票。決まらなかったら、処刑はなし。自分に投票はできない。
二日目以降の夜:占い師は誰かを占う。狩人は誰かを守る。人狼は誰かを食う。霊媒師は昨日の処刑の結果をGMから聞く。

その役職の人が死んでいても、GMはその人が生きているかのように結果を告げる。死んだ人は黙っていること。夜と夕方に喋ってはいけない。