アフリカ旅行九日目

 

2019/01/19

エチオピア


f:id:tomo31415926563:20190120165350j:image
f:id:tomo31415926563:20190120170021j:image
f:id:tomo31415926563:20190120170231j:image
f:id:tomo31415926563:20190120165736j:image
f:id:tomo31415926563:20190120165809j:image
9時就寝3時起床

 


星のことよく書いてるけど、別に覚えているわけではなく星座盤アプリ使ってます。おすすめは「iステラ」。

 


スイス人の人が「3週間しか休み取れなかったよ。社畜だよ😢」みたいなことを言ってる。エチオピアで会う旅行者はだいたい数ヶ月休み取って来てる。(国柄休みが少ない韓国や日本から来た人も)

 


この前買ったiPhoneXは日本に置いてきてiPhoneSE使ってるけど、画面小さくてすごく使いやすい。充電が少ないのと漫画読みづらいことを除けば。

 


今日はダロール火山に行きます。標高が世界一低い火山。なんと海面下。

 


たぶん、もともと塩湖だったところに噴出口ができて硫黄とかがナトリウムとかと結合して、あと微生物の活動とかでカラフルになったたかそんなところかな。

 


ところでこのツアー、世界一過酷なツアーとか言ってるけど、別にそんなに過酷じゃないです。富士登山ツアーの方がよっぽど過酷。冬だからかも知れないけど。

 


土の平原を行く。

植物がないのは塩かな。

と思ったら塩原だった。特徴的な六角形の構造が見える。この六角形の大きさはどのように決まるのだろう?

 


ウユニ塩湖みたいなところを走る。白い。

 


塩湖から少し歩くとダロール火山。絵の具の様な黄色い熱水口が沢山ある。硫黄の匂い。地面は塩でできている。花が咲いているような黄色さ。そこまで大きくないので一時間ぐらいでぐるっと回れます。

 


そのあと、再び塩湖。朝より乾いている。奇岩風景やら、塩湖に空いた池やら、どろっとした臭い温水池を見たりする。塩を割ってる生活してる人も見た。観光客相手に商売した方が儲かるのではと思う。ツアー客が去ってからも働いているかは謎。

 


帰路につく。今日はお祭りだそうで、村を通るたびに子供に囲まれる。進まないので、そのたびに運転手が棒や石で本気で追い払う。

 


あらゆる子供がペンをせびってくる。

人から聞いた話ですが、これは深刻なペン不足が原因でなく、

「子供が観光客からペンをせびる。

観光客がペンを商店から買う。

子供が商店でペンを換金する。」

、というどこかで聞いた三店方式が回ってるらしいです。

 


ホテルに帰宅後、洗濯。洗濯機使ってくれない。脱水が不安である。

 


停電。寒い。9時に泥のように就寝。

アフリカ旅行八日目続き

2019/01/18 エチオピア

警備の人

f:id:tomo31415926563:20190119015448j:image

 

ベースキャンプで朝ごはん、洋風。


砂漠を走るときの音楽がエチオピア音楽二曲のループだったのでyunomiかけた。kpopみたいだねと言われた。

 


afera塩湖で泳いだ。暖かい。対流が阻害されて熱が溜まるタイドプール効果だったっけ。家で塩プール作った時も同じこと起きた。

 


昼ごはんはスパゲティとビールあわせて120円。

 


6時ごろ村のゲストハウスに泊まる。村は動物でいっぱい。

f:id:tomo31415926563:20190119015536j:image

韓国の人たちと喋ったりしてみんなでご飯食べた。

 

 

 

 

 

 

アフリカ旅行七日目、八日目(途中まで)

旅行七日目

2019/01/17

 


ケニアのテロやコンゴの内紛とエボラなど、死が陸続きにあることをふと思い出すとぞっとする。(死はいつでも陸続きにあるものだけど)

 


この布団はわりとかゆい。長袖と虫除けがいる。虫除けといえばアディスアベバで買えたやつはわりと弱めのようだ。強いの買えるかな。

 


ちょっとお腹痛くて食欲不振、マラリヤの予防薬の影響かも。

 


時間通りにお迎えが来る。途中で

ATMによる。ATMはたくさんある。

 


スイス人のルアンさん韓国人のリミさんと友達になる。

 


昼ごはんはパスタだけど食欲ないので具とコーラだけ。

 


大地溝帯を行く。動物と谷と砂漠と地層と枯れた川がたくさん。正断層の崖がそこらに見える。

 


休憩の村では子供達がペンをたかってくる。

 


ツアーの車が一台壊れたので停車してみんなで直してる。

 


木が棘だらけだ。

 


車直った。

 


平らな土地を走ってる。野生のラクダがちらほら。

 


一面の玄武岩の礫砂漠、どれだけの溶岩が流れたのか。わずかに白い草が生えてる。

 

 

 

体感気温は東京の九月ほど。エアコンが入った。

 


舗装がなくなった。

 


砂漠のど真ん中に中国の建設会社だ。すごい。

 


火星や月の風景のようだ。

 


真っ平らな砂砂漠を北上。ここは途中で車壊れたら遭難では。見事に何もない。

 

 

 

悪路が続く。

砂にはまった。抜けた。

燃料入れを落とした。拾った。

 


ときどき何でこんなところに人がって人歩いてる。

 


もっとすごいところで、車また壊れた。リア。電波ない。一台から全部降りて残り二台に分乗。みんな盛り上がってきた。

 


荒地の中

5台合流。

また止まって故障を直そうとしてる。走行できるくらいには直ったようだ。

子供が寄ってきたが、こんな荒地でどうやって生きてるのか分からない。

 


荒地を時速10kmぐらいで走ってる。ずっと激しく揺れる。

 


夕日が落ちた。夜が来た。

 


不安だったがキャンプサイトに到着。電波はもちろんのこと電気もないです。ざっと三十台の車と木で組んだ小屋。ラクダがいる。

 


夕食はシロ(スープ)とピラフ。

 


食事後、少し歩いた所で寝床と思いきや、まさかの三時間半の夜間登山。吐きそうほどつらい。水を飲んでも飲んでも喉が乾く。荷物を置いて行くべきだった。景色が変わらないのもまたつらい。先頭は寝床マットを持ったラクダ。ところどころに長銃を持った私服の兵隊がいる。

 


イスラエルのお姉さんに聞くと、ウガンダルワンダは最高だそうだ。首都も安全とのこと。ルワンダは虐殺の話を聞くといいよとのこと。

 

 

 

山頂の火口に行く、ガスが出ているが赤い光は見える。空気はわりと酸っぱい。溶岩の流れた跡が見える。

 


火口から少し離れたところでマットと寝袋をひいて12時に就寝。少しお腹痛い。

 


2019/01/18

旅行八日目 ダナケル エチオピア

朝四時起床。全回復。ドームの中にいると思ったら天球だった。満天の星。しし座に流れ星もみた。肌寒い。コップ座、はえ座、南十字星、金星と木星

 


はえ座とか名前適当すぎない?

 


お腹は治ったかも。

 


再び火口に。溶岩が冷えて縮んだときにできた30cmぐらいの溝があって危ない。中が空洞になってる岩塊もある。

 


火口で朝日を見る。ドローン持ってきてる人いた。

 


山頂でウエハウスをもらう。

 


下山を始める。

 


最後の砂地で足が痛くなったが一気に下山した。

アフリカ旅行六日目

旅行六日目 メケレ エチオピア

2019/01/16


エチオピアのホテルのトイレのタイプはシャワー式が多い。これは清潔でかなり好きなタイプ。トイレットペーパーは流していいか分からない、多分だめなのでとりあえずゴミ箱に。

 


ついに蚊に一箇所かまれた。マラリアの薬は飲んでる。

 


洗濯、昨日の夕食、ビール二本で880円。荷物預かってもらった。

 


航空券はパソコンからやるとうまくいった。

 


ツアーの車来ないのでホテルの人に助けを求めた。

 


予定より1時間半遅れてツアー車到着。ツアー客一人なのかなあ。

 


メケレの街、日本では滅びた

ネットをするためのネットカフェある。

 


ツアー会社に行ったら、もうツアー行っちゃったよ、というかアディス本店から連絡きてないよ、明日来てねってことになってしまった。わかって来たぞ、ここでは全てが一日二日遅れるのだ。

 


一日空いたし無料で運転手付けてくれたのでSIMカードを探す旅に。言われて通信会社に行ったら長蛇の列。あ、これ無理だなと思って少し座ったらみんながお前は外人だから先に行けってことで並ぶことなしにSIMカードをゲット。

 


会社の前にいる露天商にカットしてもらってアクティベートしてもらいモバイルインターネットをゲットした。合計千円ぐらい。300MBしか入ってないので後で4ギガ入れた。千五百円。水が売ってるような店ならどこでもモバイルカードは売ってるみたい。やり方はここを参考にした。https://tokuhain.arukikata.co.jp/ethiopia/2018/05/sim.html

 


運転手さんとご飯食べて、合流したガイドさんと博物館巡り。戦争博物館と歴史博物館。戦争博物館戦争画は本物って感じで良かった。

f:id:tomo31415926563:20190117011122j:image

ガイドさんは戦争博物館の銃に大興奮。ガイドさんのキメ顔写真を撮るのに手伝わされた。ガイドさんと思ったのは勘違いでただついて来た人かもしれない。

 


一日出発が遅れたので四日間のツアーを三日間のツアーにした。違いは何かと聞くと睡眠時間と歩く速度らしい。次こそは三日で帰れるかな?

 


Kindleは3G回線で取得できるようになった。wifiの問題なのかも?

 


夕暮れ時に散歩。メケレはどうやら同じ種類の店が固まっているようだ。靴屋の通りには靴屋が並び、家具屋の通りには家具屋が並ぶというように。小売業というより問屋なのだろか?活気があるが格差は感じず治安も良さそう。

 


ところでどのブログ読んでもインジェラまずいと書かれてるけど、普通に美味しいぞ。ハンバーガーにピクルス入れて平気なら大丈夫なはず。

 

写真は宿の前の靴売り通り

f:id:tomo31415926563:20190117010735j:image

こういう中身が入ってないビルをよく見る。

f:id:tomo31415926563:20190117010907j:image

 

 

アフリカ旅行記5日目続き

2019/01/15

旅行五日目 続き メケレ

 


気候がいい。初夏な感じ。洗濯を頼んだ。三日ぶりのインターネットは最高。三日ぶりのトイレと平らな寝床とぼちぼち温水の出るシャワーも付いてくる。

 


Kindleを三千円分ポチポチした。

 


月曜日だからジャンプ読まなきゃ。と思ったら休刊か。

 


今回のバスの遅延、先が見えない不安はあったが修学旅行みたいで楽しかった。まあエチオピアにいる限りエチオピア観光になってるわけで。

 


夕食チャレンジ

一軒目は無視されて二軒目はノーフードと言われて茶だけ飲んで諦めてホテルでスパゲッティ頼んだ。食べてる人を一人でも見つければこれくれといえばいけるのだけどなぜか見つからなかった。道でお前の首はなぜ曲がってるのかと聞かれた。

 


宿でスパゲッティ食べる。スープが慣れた味で美味しい。

 


Kindle買ったけどダウンロードできない問題はvpn刺せば解決した。iphoneはうまく行ったが、ipadはうまくいかない?

 


ウガンダは日曜にアディスに戻って、月曜にエンテバ行くのがいいかな。

とすると、土曜メケレの宿、日曜メケレからアディスの飛行機、および宿、月曜、アディスからエンテバの飛行機と宿の手配が必要。

 


飛行機予約しようとしたら支払いで謎のエラーが出て、なぜか国際線の方はたぶん取れた(レシートとチケットきたからもういいだろ)が、国内線はエラーのまま。しばらくネットにまた繋げないので、困る。いざとなれば、朝一で空港に行ってカウンターで待つか...。空港にカフェあればいいな。

 


明日からダナケルツアー。四日間またたぶんネットに繋がりません。火山とか砂漠とか見ます。気温40度とか50度とかあるらしく、世界一過酷なツアーって銘打ってる。大丈夫かね。ツアー会社はエチオピアトラベルアンドツアーズ。

 

アフリカ旅行記 1から5日目

旅行一日目 エチオピア アディスアベバ

2019/01/11

 


アディスアベバ(エチオピア)空港に早朝。空港をさがしてみたがシムは売ってないようだ。

 


宿に向かうが座標が間違っててたどり着かない。タクシーの人に電話してもらってやっとつく。

 


昼は博物館巡り。アウストラロピテクスのルーシー見たり、エチオピアの古典芸術見たり。

 

 

 

帰りのタクシーが、英語わからない、地図読めない、人の話を聞かないで大変だった。なんとか道の英語喋れる人に翻訳してもらって、ここではないってことを伝えれた。夕食は宿で。

 


2日目 エチオピア アディスアベバ

2019/01/12

朝ごはんを食べてバロホテルに移動。またタクシー代が千円ぐらいかかる。

 


ETTに行き、ダナケルツアーに申し込む。

 


ATMに行ったり、昼ごはんを食べたり。

 


虫除けスプレーを探す旅に出る。

 


薬局に行くといいと言われて行ったが明らかに調剤薬局で売ってない。

 


四軒ぐらいたらい回しにされたあと、露天商に行って聞いたら、ついてこいと行ったのでついて行ったら、農薬売りとか殺虫剤屋とかを経由して1時間ぐらい歩いてついに見つけた。嬉しくてガイド料に千円あげた。月収の1/8ぐらいだそうだ。

 


この道は行ったら非常に危険、死ぬぞとか教えてくれたのが面白かった。

 

 

 

3日目 エチオピア

2019/01/13

朝四時に起きて迎えにきてもらいそのままバス。宿の扉の開け方がむずかしかった。

 


夜にはメケレに着くはず。

 


朝十一時からバスが止まる。周りの話を聞くと政府によって軍隊的なあれで閉鎖してるようだ。

 


なんとか、ツアー会社に連絡が取れて予約を一日送らせてもらう。

 


バスで泊まる。ビールとかコーヒーとか飲みたいなあ。

 


4日目 エチオピア

2019/01/14

 


ビールとコーヒーの問題は解決した。

実は村の中にいてコーヒーもビールも食べ物もいくらでもあった。

 


バスの中にいる鶏の声で起床。

 


バス停止より24時間。

 


まだバスは動かない。夜の星が綺麗であった。

 


バスの隣の人に連れて行ってもらって食堂にいく。この村はだいたいの家が牧畜と食堂をやってるようだ。

 


酸味の少ないインジェラと肉を食う。美味しい。

 


余ったので無理やりお持ち帰りに持たされた。

 


どこにいってもだがコーヒーがうまい。

 


村の生活に慣れてきた。朝からビールを飲んでる。

 


みんな焦ったりイライラしていないのでこれが普通なのかもしれない。

 


散歩したりビール飲んだりコーヒー飲んだりしてこの日記を書いている。

 


チャイナ、チャイナとみんな言うので、自分の名前がチャイナさんなのではと思えてきた。4000年の重みのある名前だ。

 


Kindleのダウンロード積みの本が減ってきた。

 


ここまで読んだ本

未来恐慌 キャラと設定が甘くてイマイチ。

 


ハードウェアハッカー

総論は面白いけど各論はマニアックすぎて飛ばし読みした。

 


人生は二日だけ

面白い。大島ゆみこっぽい。

 


六つの航跡 上巻

クローンと人格コピーが普及した社会の描写がわりと面白いが、キャラクターが魅力的でない。

 


刀語一巻二巻

安定の面白さ。すぐ読んでしまうのでコスパが悪い。

 


掟上今日子の乗車券

西尾維新推理小説は余り面白くないんだよな。

 


男子の貞操

すごく面白い。著者の性産業全否定には首肯しかねるが、現実の人間関係がないままポルノに浸かりすぎると人間を記号としてしか見えなくなるって話は面白い。まあそうだよね。要約すると「記号として人を見るな、人間として人を見ろ」というお話。

 


ゴジラ星を食うもの

ゴジラ怪獣惑星

映画のノベライズ。これの前日談の怪獣黙示録が大傑作だったので、若干の不満足。とはいえ少し面白い。

 


WORLD WAR Z

傑作ゾンビ小説。こちらも映画はちょっと残念。怪獣黙示録が人間が怪獣に負ける珍しい話ならばこちらは人間がゾンビに勝つ珍しい話。

人類滅亡まであと一歩までのところから地道に、ときには非人道的な手段用いて(復興に役に立つ一割の人を逃がすために九割の人をおとりに使ったりして)持ち返していく話がすごく面白かった。

 


幸福の島

19世紀の教授が漂流したらそこはアーサー王時代(5世紀?)の文明を残してる島で、蒸気機関や電信とかで文明チートするって話。大傑作のマークトゥインはこれを真似して大傑作「アーサー王宮のコチカネットヤンキー」を書いたとされている。本人は否定したそうだが。

 


で、大傑作の元ネタなら面白いと思いきや、これが面白くない。というか19世紀に書かれた本なのに、なろう小説の異世界転生のテンプレすぎて深みがない。都合よく高貴な人に拾われたり、都合よく人を助けてヒロイン達に惚れられたり。わりと人間の考えるプロットって200年ぐらい変わってないのかもね。アーサー王宮のコチカネットヤンキーは本当に面白い。みんな読もう。

 


いま昼の十二時、ひょっとして今日もこの村から出れない?

 


村の人に話を聞いていくと、どうやらこれは首相レベルの問題になってて、今晩の10時になんらかのアナウンスが出るようだ。

 


13:45 エンジンが入った。ひょっとして動く?

 


軽い腹痛。香辛料?

 


14:09動かない

 


14:58 ござ引いてバスのみんなでビール飲んでバナナ食べてる。モバイルバッテリーをいろんな人に貸してる。

 


16:05

動いた!29時間の村体験ツアーだった。

 


16:47

日本でアップルウォッチをつけてる人を見るぐらいの割合で刀や長い銃持ってる人を村や路上で見た。狩猟用?

 


16:50

Yangudi Rassa国立公園に入り村落は見えなくなった。これほどの何も人工物のない空間を見るのはアラスカぶり。村体験も含めてバス移動にしてよかった。

 


17:19

と思ったら、公園の中の村に停車。日没後は運転しないのだね。

メケレ到着は明日か。

 


ここも前の村もそうだが村の周りはペットボトルごみが散乱してる。

 

 

 

18:04

日本人にあった。彼は三日ここにいるようだ。メケレは断水だったそうで六日シャワーを浴びてないそうな。お互い大変だな。トイレはあるそうだが、恐ろしく汚いので野でしたほうがいいと。

 


ツアー会社にはいつ着くか分からないので着いたら電話するということにした。ツアー会社の人は電話するたびにいらいらしてる。追加料金なしでいけるかな。

 


バスの女性グループに誘われ食事、昨日と同じものを食べた。

 


iPhoneの星座アプリを見ると、らしんばん座や六分儀座が見えるようだ。楽しみ。

 


物価はビールはだいたい六十円、コーヒーは二十円、肉入りインジェラ四百円といったところ。

 


食事は手づかみなのだが、この飲用に適さない水で洗って意味あるのだろうか。幸いお腹は壊していない。

 


道路が封鎖されている理由だけど、デモとかソマリア軍とか聞く。だけど、前の村で道路を石で封鎖してたし、あの村が原因かな。しかし、それならなぜこの村で足止めを食らってる?夜間の移動が難しいからかな。街灯ないし、ときどき舗装無くなるからかな。

 


りゅうこつ座カノープス、初めて見た!

 


5日目 エチオピア

2019/01/15

月が沈むと天の川もはっきり見えた。からす座、コップ座、六分儀座、偽十字、きりん座などを視認。見たことのない星を見たのすごい。

朝5時にバススタート。

 


第六大陸を読了。すごく面白かった。ここに出てくるマルチブルのAIは書いた当時には出来てなかったがもうできるやつだ。大小さまざまな宇宙ガジェットの展開が楽しい。シニカルなSF作家が多い中、純粋に楽しく技術発展のもたらす未来を明るく書く小川一水の存在は有難い。予定調和的に終わるかなと思ったら、「これからどんな面白いことが起こるのだろう!」って読後感を残すところも作者らしい。

 


朝日を浴びながら、荒涼としたサバンナを通過中。ときどき木を組み合わせた小屋や手作り感のある丸いテントとか煮炊きの煙があるのが不思議。狩猟採集で生きているのだろうか?それとも一時滞在のためのものなのだうか?

 


9:00

待ち望んだトイレ休憩(野)

 


見たことのない植物ばかり生えている

 


途中の街で朝ご飯をバスで仲良くなった人たちと食べる。インジェラプラス肉とかシロとかを四品。これを六人で食べる。

コムギプラス酸味プラス肉プラス香辛料で、大まかに分類するとピクルス入りハンバーガーの味。ビールとコカコーラを注文。コカコーラは世界中どこにいってもコカコーラの味ですごい。割り勘で400円(他の人より多めに払ってるかも)。この記事では1ブルを4円で換算してる。メケレまであと120km。

 


山岳地帯を抜け、多くの村を通り過ぎて行く。何もないところを徒歩移動してる人が多く大変そう。ラクダ、馬、ロバ、牛などを多く見る。

 


サボテンを生垣に使ってる家もあり面白い。

 


少し大きな村ではたくさんの雑貨店を道沿いに見る。品揃えに違いはあるのだろうか?

 


メケレ前で全員バスから降ろされボディチェックを受ける。

 


パロットゲストハウスについた!とりあえず、これをアップします。

 

 

 

 

非営利シェアハウスの家賃設定はどうするのがいいのか。

結論.

一人あたり水光熱ネット費用込みの固定制で、

「総家賃 / (部屋数 - 1) + 1万円(固定制) ± 部屋のグレード」

がいい。

理由1.

家賃は一部屋空室にしてもペイできるようにしたい。この最大の利点は「最後の一人を選べる」というところにあります。人を選ぶの大切。

理由2.

初期費用、更新費用、二人以上の抜けができたときの損は満室時の儲けで回収。

年半分を満室状態で回収できるようにするといい感じだと思います。もっと初期費用が高い場合はプラス数千円しましょう。

理由3.

光熱費は固定で。変動性にすると使用と請求の間にかなりのタイムラグが発生します。退去した人から取るのはすごく難しい。また固定制にすると計算の手間がなくなります。全部込で一人1万円ぐらい。

その他.

ドミトリー部屋などで極端に安い値段(2万円以下)をつけてしまうと、家賃回収率が悪くなります。そのあたり考慮して家賃設計しましょう。